Contact
お気軽にお問い合わせください。

Copyright © 2018 Melsa International Japan ,Inc  All Rights Reserved 

株式会社メルサ・インターナショナル・ジャパン

〒101-0047 東京都千代田区内神田1-8-9 福田ビル2階

​​Tel: 03-5843-6401

info@melsaintl.com

​※セールス目的のお電話はご遠慮ください。

​ー個人情報のお取り扱いについてー

本入力フォームおよびメールでご連絡頂きました、お客様の個人情報につきましては、厳重に管理を行っております。
法令等に基づき正規の手続きによって司法捜査機関による開示要求が行われた場合を除き、第三者に開示もしくは提供することはございません。

 

海外研修の新しいカタチ

イノベーション創発×実践型に特化した

海外ビジネストレーニングプログラム

CONCEPT

WILLACTを運営する私たちメルサインターナショナルは、2010年に米国西海岸で創業以来、米国・東南アジアを中心とした世界各都市で教育・研修コンテンツを提供してきました。

これまでに多くの法人/教育機関様にプログラムを提供実績を通して蓄積された研修設計・運用のノウハウや世界各国でのネットワークを集結し、多くの企業の経営課題である、グローバルイノベーションの2つの要素にフォーカスした、実践型のビジネストレーニングプログラムを提供します。

”やりきった”で終わる単なる研修ではなく、その先の個人の志と行動(WILL&ACT)に繋げ、人と組織のエンゲージメントを高めていくための実践型プログラム、法人海外研修の新しいカタチを是非体験してください。

 

Features

​こだわり

こだわり2
​こだわり1

PROACTIVITY

主体性

WILLACTのプログラムは、個人の主体性による行動を計画的に促すことで、誰しもがもつ潜在的な​アントレプレナーシップ(起業家精神)に気づくことで生まれるモチベーション創発と所属組織へのエンゲージメント強化を実現させます。

こだわり2

CREATIVITY

創造性

狭い世界で長く過ごすほどに、本来人間が持つ創造性が失われます。海外の未知の環境で視野を広げ、アンテナの感度を高めることで、イノベーション創発において最も重要である、無意識に培われる発見力・好奇心​の活性化を促進します。​

こだわり3

PLACTICAL

実践型

インターネットの進化により、知識自体はもはや価値を持たなくなりました。これからの時代に必要なスキルは、予測していない困難を乗り越える知恵と、不確実な未来に向かって進んで行ける行動力であると定義し、机上論に終始しない、実践型プログラムへの強いこだわりを貫いています。

 

content

​プログラム内容

​米国西海岸の他、シンガポール、マレーシア、ベトナム、インド、タイ、東南アジア各都市に開催拠点を構え、イノベーション創発、新規サービス開発、海外マーケティングのスキルを実践で身につけるための1週間~最大6ヶ月のトレーニングプログラムを提供しています。

外でのリアルなビジネス経験、新市場開拓体験を積むことで、

1.タフな環境であっても、自ら考え行動する主体性、突破力を身につける

2.海外ビジネスに対する高い意識と、世界規模で考える広い視野を身につける

3.新製品企画や新市場開拓に必要な視座と思考を身につける

海外市場で新規事業や新製品の開発に

チャレンジする実践型研修

Fieldwork for Innovation

アプローチ

​ープロセスー

01

​課題定義

人材・組織、マネジメントにおける現状の棚卸しと目指す姿を定義し、

​プログラムのゴール設定とアプローチを設計します。

02

国内事前学習

渡航先都市の一般情報やビジネスに関する情報のインプット、イノベーション創発のプロセス・マインドセットを学習します。

03

​現地プログラム

事前学習で設定した仮説をもとに、現地でのフィールドリサーチ、アイデア創出、プロトタイピングと仮説検証のプロセスを実施します。

04

​アセスメント

​プログラム中の変化・成長の変遷をたどり、定期的に記録したアセスメント(評価)をまとめ、レポートとしてご提供します。

05

成果報告

​プログラム受講者による成果報告を支援します。帰国後2-3ヶ月後に行うことで、現地での学びを継続して意識し続けることができます。

 

​ー事例紹介ー

CASE1:「イノベーション創発実践研修 in  シリコンバレー」​

​大手通信サービス事業K社様の事例

新規事業開発を推進する日本の大手通信会社の新規事業部部門、経営部門のマネージャーを対象に、シリコンバレーでのイノベーション創発のためのトレーニングプログラムを実施しました。

渡航前には「デザイン思考」をベースとしたイノベーションメソッドを学び、シリコンバレーでは現地の企業訪問やアーリーアダプタ向けの展示会に参加し、世界のトレンドや起業家のマインドセットやプロセスからヒントを得て、実際のサービス開発に取り組みました。

現地有識者のフィードバックを得ながら同社の現状の能力とシリコンバレーにおける事業開発の妥当性を検証することができ、具体的な方向性を確立することができました。また、この活動を通して同社はシリコンバレーで築いたネットワークを活かし、シリコンバレーでの活動を継続しています。

CASE2:「デザイン思考/新規サービス開発研修 in クアラルンプール」​

消費者向け家電メーカM社様の事例

マレーシアの首都クアラルンプールを拠点に、ASEAN/中東市場に向けて推進する新規サービス開発を前提とした若手社員対象の海外研修を実施しました。

このプロジェクトでは、現地マレーシア人スタッフとの混合チームを形成し、フィールドリサーチ、アイデア創出、プロトタイプ作成⇔検証のプロセスを繰り返し、「イスラム教徒の美容問題の解決」をテーマに、1ヶ月間のサービスデザインプロジェクトを実施。セールス、品質管理、法務、製造など部門横断型で形成されたプロジェクトチームメンバーの殆どが、イノベーションに関する知識を持たず、全員が新規事業開発初心者でしたが、プロジェクトを通して「デザイン思考」「顧客視点のサービスデザイン」の考え方・取り組み方を深く理解し、イノベーターとしての素養を身に着け、継続して新規事業開発に取り組んでいます。

CASE3:「オープンイノベーション・チャレンジプログラム in シリコンバレー」​

ITソフトウェアベンダーO社様の事例

クラウドソフトウェアのサービスを展開するシステム開発企業様の若手社員を対象に、AI(人工知能)をはじめとした世界最先端技術を取り入れた新規事業展開を目的とした、シリコンバレーのスタートアップとの事業提携を模索する活動を研修の一貫に取り入れたオープンイノベーション機会創発のためのプログラムを提供しました。

シリコンバレーの流儀、現地スタートアップ企業との付き合い方、CVC投資のノウハウなど幅広く知見を得ていただき、後半は実際にオープンイノベーションを行う事業連携候補先企業との商談を実施。

良好な取引の仮合意形成が実現し、今後継続的に連携体制を模索していく方針を確立しました。

ABOUT US

WILLACT

(株式会社メルサ・インターナショナル・ジャパン)

2010年に米国カリフォルニア州ロサンゼルスにて創業。留学支援会社として創業後、文科省グローバル人材推進育成事業関連プログラムを始めとした国内大学・高校向けのグローバル教育コンテンツの開発・提供に従事。

2012年からシリコンバレー、2014年から東南アジアを拠点とした法人向けトレーニングプログラムを強化。「世界で戦う人と企業の創出」をコンセプトに、特に若手人材の内発的モチベーションを促進する本質的かつ斬新なプログラムの開発・運用に従事する。

 

MESSAGE

WILLACT代表/

主任講師

鈴木 郁斗

(IKUTO SUZUKI)

昨今多くの日本企業が経営課題に掲げる「グローバル」や「イノベーション」という話題が蔓延している中で、何だか少し息苦しさを感じている人も少なくないのではないでしょうか?

 

企業の経済力や国際競争力という文脈で語られることが多いこの2つのキーワードの中には、個人のモチベーションやミッションドリブンの視点を中心で置くべきだと私たちは考えています。本来革新は志と行動力のある”人”によって生み出され、周囲を巻き込むことで醸成されていくものだからです。

私達は、「世界で戦う人と企業の創出」をコンセプトに、これまで約10年間、トレーニングプログラムの提供や、海外事業支援に従事してまいりました。ここで定義する”世界”とは、地理的な意味での世界にとどまらず、人生の中で自分の世界を描き、大きな志を持って様々な世界で活き活きと活躍できる人を増やしたいという想いが根底にあります。

不確実な未来への不安に直面しながらも、希望を持って挑戦する人と企業の新たな時代を切り開く頼れるサポーターとして、お客様に寄り添える存在であり続けるために、私達も進化を続けていきます。

 

-取引実績(順不同・敬称略)-

博報堂DYホールディングス、マクセル株式会社、株式会社イトーキ、Plug and Play Japan株式会社、株式会社ライトハウスエデュケーション/名学館和田塾、アクシスコンサルティング株式会社、JTBコーポレートセールス、東武トップツアーズ、 IACEトラベル、九州大学、東北⼤学、神⽥外語⼤学、カリフォルニア⼤学、カリフォルニア州⽴⼤学、ロサンゼルス観光局、他